aGVw4PGZSTv8B863IKgiC_TLfaggQ2SHaI151giq6QU
不倫の予防策とは

とかく男と言うものは

男と言う生き物は、男の性を背負った生き物です。
犬が猫を追い回し、猫はネズミを追い回すのには理由はありません。
そうした行動を促す本能と言う回路を組み込まれているからです。
犬には猫を追い回す理由がわかりません。
猫も同様ですね。

男性が女性を求めるのにも理由がありません。
そうした性の傾向を本能的に埋め込まれています。
ただ、人間は理性が備わっているわけです。
だから、犬や猫のように女性を見たらすぐに追い回すことは、基本的にはないわけですね。

でも、男性と女性の関係性はある面では、とても単純ですが、別の面では全く不可解な側面もあります。
理屈ではそうなんだけど、、、
あなたの言うことはもっともなんだけど、、、
そんなことはちゃんとわかっているのよ、、、

よく聞く話ではないでしょうか?
別の言葉で言えば、理性の頭で考えればその通りだけど、気持ちと感情はそうではない。
と言うことですよね。
その結果、どうしてもみんなが考えるような、そのようにすべき行動ができない。

要するに、浮気や不倫は良くないことだとは、ちゃんと頭ではわかっている。
けれどやめられない。
よくある話だといえば、それで終わってしまうのですが。
実はここに、男の性の典型があります。

猫と人間と同じくくりで考えるにもなんですが、男性はそうした性の傾向性を持った生き物です。
しかも、衝動的な行動が多いのです。
だから、妻を愛していないから、浮気をするのでもないのです。
妻を充分に愛していても、こうしたことはあり得るのです。

ただ、衝動的なものに持続性はありません。
違う風が吹けば、どこかにあっという間に消え去ります。

「あ、そんなこともあったね。」
なんてことになるのがおちだと思います。
軽薄この上もないのですが、ときどきそんな猫に変身してしまうのも、悲しい男の習性かも知れません。

そんなときは、猫になる前に少し脅かしを仕掛けましょう。
「今度、猫になったら、離婚だぞ!」
夫はほとんどの場合、そこまでは考えていません。
すぐに猫から人間に戻る筈です。

 

RELATED POST